仮想通貨とデジタル通貨の定義


新しい領域を定義することは簡単な作業ではありません。規制当局と業界が、単に通信するため、または規制目的で、さまざまなタイプのクラウドファンディングを定義することに同意できるようになるまでに数年かかりました。新しいエリアの定義は、人々が同じことを理解できるように十分に明確でなければなりませんが、「エリア」の作成を可能にするのに十分広くなければならず、一部の機能が異なる一連の異なる要素をカバーできますが、まだいくつかの共通の特徴を共有しています。

続きを読む : ブロックチェーンとは何ですか?

ブロックチェーン環境とそのアプリケーションは、さまざまな概念を生み出し、定義と分類が困難になっています。たとえば、「暗号通貨」、「仮想通貨」、または「デジタル通貨」などの用語は、まったく同じであるかのように交換可能に使用されますが、そうではありません。

「トークン」についても同様のことが当てはまります。
「暗号通貨」という用語は「トークン」は「暗号通貨」とは異なる幅広い機能を提供します。


図3.1は、これらの用語の相互関係を示しています。
国際通貨基金(IMF)。グラフは、暗号通貨が
は実際には仮想通貨のサブカテゴリであり、仮想通貨はデジタル通貨のサブカテゴリです。以下の段落では、各カテゴリに含まれる要素の特徴と機能がより明確になるように、国際機関によって採用された定義と分類法を提供する試みが行われています

デジタル通貨 定義

Financial Action Task Force(FATF)によると、「デジタル通貨は
仮想通貨(非法定通貨)または電子マネー(法定通貨)のいずれかのデジタル表現を意味します。」この定義には、「電子マネー」という用語が含まれています。これは、法定通貨のデジタル表現です。次のセクションで詳しく説明するように、仮想通貨の定義には電子マネーが含まれていないため、デジタル通貨は定義上、仮想通貨よりも広いです。

一方、世界銀行3は、デジタル通貨を「電子マネーとは異なり、独自のアカウント単位で示される価値のデジタル表現であり、単なるデジタル決済メカニズムであり、法定通貨で表現され、金額で示される」と定義し、なんらかの差別化を図っています。電子マネーからのデジタル通貨。ただし、デジタル決済メカニズムという用語は法定通貨を表すことができます。

最後に、国際決済銀行(BIS)によると、デジタル通貨は「デジタル形式で表される資産」であり、それに関連する3つの重要な側面があります。第1に、これらは通常、いくつかの金銭的特性(支払い手段として使用されるなど)を持っていますが、通常、ソブリン通貨で発行または接続されておらず、いかなる主体の責任も負わず、いかなる当局によっても支持されません。

本質的な価値はゼロであり、結果として、
後日、他の商品やサービス、または一定量のソブリン通貨と交換される可能性があるという信念。

2番目の重要な側面は、「これらのデジタル通貨が
通常、組み込みの分散型台帳を介して転送されます。」第三に、それらはによって発行されます

「デジタル通貨と分散型台帳メカニズムの開発と運用に積極的に取り組んでいる、銀行以外のほとんどすべての第三者機関」。この最後の定義は、最初の2つよりもはるかに説明的であり、特定の機能を定義する方法に提供する努力があります。

仮想通貨の定義


IMFによれば、4つの仮想通貨は、民間の開発者によって発行され、独自の口座単位で表される、価値のデジタル表現です。仮想通貨は、電子的に取得、保存、アクセス、および取引することができ、取引当事者がそれらを使用することに同意する限り、さまざまな目的に使用できます。

仮想通貨は、仮想通貨を法定通貨と交換し、実体経済での商品やサービスの支払いを可能にする変換可能なもの、またはエルフに含まれる仮想環境内で排他的に動作する変換不能なもののいずれかです。

FATFによると、仮想通貨は

デジタルで取引することができ、次のように機能する価値のデジタル表現
(1)交換の媒体。および/または(2)アカウントの単位。および/または(3)ストア
価値があるが、どの管轄区域においても法的入札ステータスを持たない(つまり、債権者に入札された場合、有効かつ合法的な支払いの申し出である)。
仮想通貨は、その価値を保証できるいかなる機関からも発行されないため、その機能は仮想コミュニティ内でのみ実現されます。

2012年に戻って、欧州中央銀行(ECB)は仮想通貨の次の定義を示しました。「仮想通貨は、規制されていない、デジタルの一種です。
お金は、通常、その開発者によって発行され、管理され、特定の仮想コミュニティのメンバーの間で使用および受け入れられます。」 3年後、世界銀行は仮想通貨の定義を「中央銀行、信用機関、電子マネー機関では発行されない価値のデジタル表現であり、状況によってはお金の代わりに使用できる」と更新し、範囲を拡大しました仮想コミュニティの外でも使用できるようになった仮想通貨の使用方法。 1年後、ECBは、彼らが「連合の観点からは通貨としての資格を持たない[そして]実際には通貨ではないので、通貨を交換の手段と見なす方がより正確であろう」と強調した8。

ECBは仮想通貨を次の3つのカテゴリに分類します。

  • 閉じた仮想通貨スキーム :これらの仮想通貨は実体経済にリンクしておらず、オンラインゲームでのみ使用できます。ユーザーはオンラインパフォーマンスに基づいてそれらを獲得し、仮想通貨は特定の仮想コミュニティ内でのみ使用でき、仮想コミュニティの外で取引することはできません。
  • 単方向フローの仮想通貨スキーム:フィアット通貨は、このカテゴリの仮想通貨の購入に使用できますが、フィアット通貨に戻すことはできません。ユーザーは、この種の仮想通貨を使用して、コミュニティ内の仮想の商品やサービスを購入できます。また、許可されている場合は、コミュニティが提供する実際の商品に交換することもできます。
  • 双方向フローの仮想通貨スキーム:これらはフィアット通貨で取引できる仮想通貨です。それらは、仮想と現実の両方の商品とサービスの購入を可能にし、現実世界との相互運用性に関して他の変換可能な通貨と同様です。このカテゴリの定義は、暗号通貨の場合に最もよく適合します

European Banking Authority(EBA、2014)10によれば、仮想通貨は「中央銀行や公的機関によって発行されない価値のデジタル表現[…]として定義されますが、自然人または法人によって交換の手段であり、電子的に転送、保存、または取引することができます。」

EBAはまた、仮想通貨の一部の機能は電子マネーの特性に似ていますが、仮想通貨は電子マネーと同一ではありません。後者は既存の法定通貨のデジタル形式であり、仮想通貨とは異なるためです。

最後に、米国財務省(FinCEN、2013)は、仮想通貨を「一部の環境では通貨のように機能するが、実際の通貨のすべての属性を備えていない交換手段」と定義しています11。特に、仮想通貨はどの法域においても法定通貨ではありません。」

ほとんどすべての定義は2つの主要な事項に同意します。(a)仮想通貨は価値またはデジタルマネーのデジタル表現であるため、デジタル通貨のサブセットであること、および(b)管轄区域では法定通貨のステータスがないこと、中央銀行ではなく、民間の開発者によって発行されています。一部の機関は、仮想通貨が持つ特定の機能を提供するために、さらに進んでいます。たとえば、仮想通貨が取得、保存、アクセス、および電子的に取引できる、または機能するなどです。
交換の媒体および/またはアカウントの単位および/または価値のストアとして。最後に、もう1つの一般的な特徴は、管轄区域が仮想通貨と現実世界の相互関係を参照し、このディメンションがそれらをオープンシステムまたはクローズドシステムに分類する方法です。

続きを読む ブロックチェーンのユースケースはこちら

「Virtual Currency & Digital Currency Definition」についての考え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です